車 個人 リース

リースとローンの比較結果を確認できます。

車を所有していない人が、車を利用したいと思った時、大きく分けて「買う」と「借りる」の2つの選択肢があると思います。

 

 

数時間から数日単位で利用する場合には、レンタカーやカーシェアもおすすめですが、日常的に利用頻度が多いのであれば、「購入」か「リース」のどちらかで検討するのではないでしょうか。

 

 

車をローンで購入する場合、月々一定の額を支払っていくという点で、リースとローンは似てますが、リースの場合、車の所有者がリース会社となるという点で、両者は大きく異なっています。

 

 

それぞれにメリットとデメリットがありますので、2つの選択肢をよく検討した上で、自分のライフスタイルに合った方を選ぶことをおすすめします。

 

 

ローン購入の場合のメリットは、支払いが終了すれば完全に車は自分のものになるという点です。

 

 

内装を変えたりなど、自分好みにカスタマイズするのも自由です。

 

 

デメリットは、月々のローンの支払いに加え、税金や保険料、車の点検やメンテナンス費用などの出費が重なると言う点です。

 

 

一方、リースのメリットは、自動車税や重量税、保険料、車検費用などがすべてリース料に含まれているため、月々の支払いの負担が軽いという点です。

 

 

デメリットは、決められた期間内は自由に解約ができないという点です。

 

 

また、契約時に設定した走行距離の範囲内で使う必要があるなど注意が必要です。

 

 

リースの場合、基本的に借り物の車両であるため、自由度は多少低めだと言えますが、出費が安定していることや、車検や税金などに関するわずらわしさをカットできるのは大きな魅力ではないでしょうか。

 

>>コスモスマートビークル公式サイトはこちら<<